.

車を手放す際、また中古車の査定の時も印鑑証明がなければなりません。

この印鑑証明という書類について説明しましょう。

印鑑証明というのは、ある印鑑に対して、それが実印として認められていることを実証する目的を持つ公式な書類です。

この書類がないとその印鑑について実印として効力を持つことが裏付けられません。

大きなお金が動く商談になる中古車の買取ですからどうしても実印が要ることになりますがそれと同時に印鑑証明書が要るのです。

印鑑証明を交付してもらうには発行前に印鑑証明をすることが必要です。

印鑑証明に登録するはんこは通称、実印と言われこの世に一つだけの判子であることが必須です。

実印を手配して、市役所などの取次ぎ所に行くことで印鑑登録の手続きができます。

印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードというものを発行してもらえて、その印は実印ということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには、役所の担当部署で、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を埋めて印鑑登録カードを出すだけでできます。

それに、自動交付機で印鑑証明を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明そのものには有効期限はありません。

そのためどれだけ前の印鑑証明であってもその効力は持続するということです。

しかし車売却のときには、印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。

ほとんどの場合有効期限などはありませんが愛車の売却の時は、業者側が有効期限を定めていますので仮に自動車の売却を予定しているなら最初に用意しておくことが必要です。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.danielle-legendre.com All Rights Reserved.